初めての教習

教習風景

人気の合宿制度

最近では自動車学校に普通に通うよりも、さまざまなメリットがあるとして、合宿免許がとても人気になっています。
そのような合宿免許を取る時には基本的に1人で参加してもいいし、友達どうしで参加することも多くなっています。
また、最近では1人でいくのが気まずいからといってネットを利用して一緒に行く人を募集している人も多く存在しています。
やはり、合宿免許の特徴として、一般的な自動車学校よりもとても早くで取れることです。
しかし、この期間は他の場所に行くことは難しくなるので、長い休暇が必要になります。
なので、予め予定をしっかり立てておく必要があります。

入校式に始まる

どんな自動車学校でも最初に入校式をすることになります。
これは基本的に初めて自動車学校に来る人がどのような場所なのか校長先生の挨拶など、教習の内容などを説明する、小学校などで例えると入学式のようなものです。
これを終了すると、後日か、その日の時間に学科を受けることになります。
初めての学科を受ける場合には基本的な自動車についての仕組みなどを習うことになり、とてもカンタンなことを勉強することになります。
最初はとてもカンタンな勉強ですが、学科はどんどんレベルアップしていきます。
しかし、それほど、難しいことはなく、中学を卒業しているならカンタンに学習することができるような内容となっています。
だからといって誰でも合格するわけではなく、しっかりテストを何度か繰り返すことになります。

適性検査を受ける

また,初めての学科を受けた時には適性検査をすることも多いです。
この検査によって、運転をすることができるか、適正があるか判断をすることになります。
初めての学科と適正検査が終わると次は技能と学科をそれぞれ受けることができるようになります。
ここで、マニュアルかオートマチックで学科や教習に少し差が出ることになりますが、基本的なことは同じです。
ですが大きく変化するのは技能で、その時間や運転の仕方が大きく変化します。
どちらもクリアすることによって、次は仮免を取るためにテストをすることになり、これをゲットすると、外で車を利用して走ることができるようになり、第二ステージに行くことができます。
基本的な学科は同じことをするのですが技能は外に教官と一緒に出ることになります。
これをクリアすると、自動車学校では最後のテストがあり、これに合格すると、技能は終了となります。
後は、試験会場で学科のテストをして合格すると免許を貰うことができる仕組みとなっています。
このようにとても長い道のりですが、合宿免許の場合は短縮することができ、最短では2週間ほどとなっています。